FC2ブログ

ありがとうまたね

ぜんっっっぜんタイトルが浮かばなかった…!! なんとセンスのないタイトル(›_‹)
ま、自分のセンスなんてどうでもいいんです。KAT-TUNですよ。昨日ね、行ってきたの。充電期間前のラストに、彼らに会いに。

10年てひと昔って言うけど、ホント歴史だよね。
その10年、KAT-TUNも自分もいろんなことがあったもん。いろんな変化があった。

KAT-TUNは世に言う“アイドル”だからグループの変化なんてあっちゃいけないんだろうけどさ。一般的に考えたら逆にあり得ないことよ。
会社で10年、人の出入りがないはないわよね。変な納得の仕方だし、辞めていったメンバーに対して会社に対してはそれぞれ疑問があったりする。

ファンにとっても納得いかなかったり、全部ひっくるめて応援する!!って言う人もいるだろうしこれでもう…って人もいるでしょう。

昨日、「Chain」ぶりの東京ドームでした。
ビックリするほど少なかった。3人って少ないね。
立ち位置は3人ともまだ慣れなくてヘンな寄りができるし、トロッコは2対1だしバランスもよろしくない。サイドの天井席だったから全体のバランスは拝めなかったけどね。
「そんなことない!」っていう人もいるかもしれないけど、これは私の感想だから。

ここは抜群!だったのはさ、当たり前だけど10年のキャリアですよ。3人とも。事務所に入ってからだと15年以上でしょう。ひとりひとりの貫禄はさすがでしたよ。

ただね、KAT-TUNをメンバー3人のグループとしてこの場でやっていくってことにメンバーも慣れてないし、私も慣れない。

それだけです。
最後の挨拶。中丸はホントに素直な気持ちを口に出してました。充電期間に関しても正直納得いってないと。

当の本人たちは怖いのかもしれないけど、ここまでちゃんと実力つけてきたグループでメンバー達でそれぞれがグループに対して思いがあって…

私はね、いいと思うんだ。こういう期間があっても。
模索して定まらないままなんとなくやっていくんだったら、一度ゆっくり振り返ってみたら?って。今までそんな暇なかっただろうし。
本意じゃないんだろうけどさ。 立ち止まって俯瞰で見ることも悪くないんじゃないの? 個人としては立ち止まれないだろうけど。

ファンは大丈夫だよ。みんなたくさん泣いてたけど。
メンバー減ってるのにファンの声のデカさは私がこれまで経験したことないくらい、トリプルアンコまで響き渡ってたよ。

だからね。
今までありがとう。

私のスタンスが変わることはないけど、それでもずっと見守ってるからまたね。またKAT-TUNで「ただいま!」って言ってくださいね。

約束です!


『いつの日か 還るまで 別の海を渡りながら 
いつの日か 会えるような 
幻を見て 一歩踏み出すさま』

スポンサーサイト

水色の王子様

2015年度も今日で終わり。

今日は、今年度最終日。

KAT-TUN友仁友で付き合いの長い同学年のお友達のお誕生日。

そしてたぐちの退所日。ってことになりますね。

未だに信じられない思いでいます。
東京ドームの3階席からトロッコに乗ったたぐちが通過した時の、スタイルの良さ、カッコよさ、振る舞いのスマートさに惚れ惚れしました。
仁が好きだったけど、その時ばかりは文字通り目を奪われました。キラキラが強烈で「アイドルって本当にいるんだ・・・」って思いました。

書いていても信じられないな。
だから着地点がどこだかわからない。 

明日「エイプリルフールだよ~」とか言ってくれないかな・・・
たぶん、今後が見えないことが余計に悪あがきみたいな、悪夢みたいな感覚になっちゃってるんだろうな・・・

決定していることが覆されることはないけど、せめて今後もその活躍が目に見える形をとってほしいと、切望しています。

口下手で上手に振る舞えない仁のことをいつも面倒見てくれてありがとう。そのかっこいい姿を惜しげもなく披露してくれてありがとう。
KAT-TUNの潤滑油でいてくれてありがとう。お疲れさまでした。

たぐちの笑顔がこれからも輝きますように願っています。

テーマ : 独り言
ジャンル : その他

おめでとう

2016.3.22

KAT-TUNデビュー10周年おめでとうございます!!!

真夜中0時のツイッターTLはお祝いの言葉で溢れ、まさかの仁が「おめでとう~」と登場しそんな感情持ち合わせていたのか?と驚いたくらいに涙が出ました。
6人の写真を添付する人もいて・・・。

あらためて思ったのは、やっぱり6人が好きだな~ということ。仁や聖が個々に活躍している姿を見ると、それはそれで素晴らしくソロになった意味は十二分にあると自信を持って言えるけど、6人でKAT-TUNの姿が好きなのとは別なんだろうな~・・・

私の10年も彼らと一緒にあったわけで。
同じ職場にいるけれど、少しずつ変化して少しずつ新しい仕事に挑戦しています。

ファンを止めないで、見守るスタンスを取って他に好きなものが出来てと“好き”の思いも変化したけれど、でもここでこうして祝えて本当にうれしいです。

ただ、この後KAT-TUNは充電期間に入るんですよね。 決まっていることを覆すことはできないけど、どうかまた元気に「KAT-TUNです!」と姿を現してほしいです。

嬉しいも楽しいも悲しいも怒りすらも・・・
感情のすべてを与えてくれた激動の10年。この充電期間が次への飛躍につながりますよう願いを込めて。

そして許されるなら、わたしはこんな願いを。。。
いつでもいい。いつか。どんな形でも6人そろっている姿を見せてほしいです。

いろんな願いが叶いますように。

KAT-TUN おめでとう。ありがとう

テーマ : 独り言
ジャンル : その他

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 Chain in 東京ドーム

ダブルアンコも含めて約3時間、ここ数日の鬱屈とした気持ちなんかどこいっちゃったの?!ってくらいなにもかも忘れて「楽しい!!!」しか感情に残らないくらい、すごく満ち足りた時間でした(^-^)





以下、続きに白状します。

続きを読む

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

Always together with ・・・

最近のこのブログはずっと仁ネタばかりだけど。


ちゃんと見守ってます。“母体”KAT-TUN


ちょうど半年前でしたかね?
ファンが企画した「KAT-TUN Night(カツンナイト)」っていうイベントにお友達に誘ってもらって、運よく参加できたんですけどね。


そのときまでわたしの中では、5+1であることを理解しつつも納得できない部分があったんですよね。納得できない部分は自分の中に押し込めて見守ってる感じで。


でも、そのイベントに参加した時に、いとも簡単に今の状況を納得できたんですよ。

結成当時の映像、つい最近の映像と楽曲、Jr.時代に出演したバラエティやCM、2009年ブレ魂CM、田口が入院していて5人だったとき、Mステ初出演、デビューMステ、5人のMステ、歴代の少クラ、各ソロ曲・・・

何度も何度も、過去と現在を行ったり来たりする映像を見て、彼らの10年にもおよぶ「歴史」を目の当たりにしたら、今在る姿が当たり前って思えて。


嘘みたいにすんなりと、過去も現在も愛せるようになりました^^
盛り上がって騒ぎながら、何度も涙が流れたけど。あの時にしっかり受け止めることができたと思ってます。あのとき参加していた皆さんの盛り上がりっぷりにも助けられたかな?

5だ1だ6だ、人数なんて関係なく、同じところで盛り上がって、歌って、ハモって(←誰かメインパート歌えよっ)。。。本人不在なのにこんなに盛り上がれる人達、最高!って^^


KAT-TUN愛されてるなぁ~って


わたし、これからも愛していけるな~ってすごくうれしかった!!! 見守っていくから。いつまでも「命はねぇ!」「お前らの声はそんなもんかぁ!!!」って引っ張っていってね♪


KAT-TUN デビュー6周年 おめでとう


テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

YOU

Author:YOU
☆YOU(ゆう)

☆横浜在住、40代に突入!、山羊座、B型、気ままな1人暮らし。

☆ブログタイトルは「ジンジャーエール」仁にYELLをって造語です^^

☆anego(再放送)で仁くんにロックオン!「黒沢くんが好きなんだ!」と言い聞かせてたのに、抵抗むなしく仁くんにハマリ、紆余曲折乗り越えて今日に至る。

☆お気軽にコメント、メールで話しかけてやってください^^大歓迎です♪

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ありがとう♪大事に読んでます
フォローしてね☆
Yellow Gold Tour 3010公式HP
JAPONICANA TOUR 2012
L.A.は何時かな?
カテゴリ
メールフォーム
ナイショ話などなど・・お気軽にどうぞ(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンクはフリーですが、ご希望の方はひと言お声をお掛けいただけるとうれしいです(^^)
電気を大切にね♪
月別アーカイブ
♪Welcome to my blog♪
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
国産小麦シリーズ「たいやき」さん